安心安全にお金を借りるために

menu

安心してキャッシングするために~キャッシングの基礎知識を~

少しでも金利を抑える方法とは

キャッシングを利用すると、必ず金利が発生します。最近では契約時から一定期間は金利が発生しない無利息期間を設けている大手の消費者金融もありますが、基本的には1日単位で日割りで計算され、返済日にその分を含めて支払いを行います。

金利の上限とは?

2010年に貸金業法が改正され、現在の金利の上限は年利20%です。この上限は融資金額によって変わっていき、20%が適用できるのは10万円未満の場合だけです。10万円から100万円未満になると、18%が上限に変わり、100万円以上になると15%が上限になります。

この融資金額による上限までの範囲で金利は決定されますが、同じ金額の借入を行っても、人によって多少異なることがあります。金利はそれまでのキャッシングの利用実績にもよっても上下するからです。

見た目ほどの金利は発生しません

キャッシングの金利は年利という形ですが、例えば18%となった場合、10万円の借入を行うと1年間で18000円の金利が発生すると考えてしまうでしょう。ですが実際には返済日というものがあります。多くの場合は1ヶ月に1度は返済を行っていく為、その都度金利が発生する元金が減っていきます。

それによって、10万円を1年間、均等の支払いで12回で返済する借入を行った場合、実際に支払う金利の額は約1万円です。このように、表示されている年利から単純計算するほどの金利は実際には発生しません

金利の上限をうまく利用しましょう

上にも書きましたが、100万円以上の借入になると、上限金利は15%です。これを利用して100万円未満の複数の借入を一本化して100万円以上にしてしまうと、金利を下げることができます。消費者金融から100万円未満の借入を行った場合に適用される金利は多くの場合で約18%です。これを最高でも15%まで下げることができるこの一本化は、金利を抑える大変有効な手段だと言えます。

おまとめローンという、複数の借入の一本化専用のローンがあります。一本化にはこのような専用ローンを利用すると借入が行いやすくなります。このおまとめローンは総量規制の対象外の為、借入額に関係なく契約が行えるところも借り換えには有利だと言えます。

少しでも金利を抑えましょう

金利は元金に対して日割りで計算されるものです。返済日前に支払いが行える場合は前倒しで支払いを行うと少しでも早く元金を減らせる為、その後に発生する金利を僅かでも抑えることができます。また金利が下がる単位未満ギリギリの借入は一番損になってしまう為、95000円のような借入を行っている場合は10万円を超えるように追加で借入を行った方が得になります。このようなことも考慮に入れて、少しでも支払う金利を抑えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2016年6月
« 5月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930